小金虫の暮らしとお金

ポイントやマイルを貯めて現金を使わず楽しく暮らすブログです。

*

2019年10月ハワイ 8日目ANAラウンジとフライングホヌ エコノミークラス座席と機内食紹介

   

小金虫
こんにちは。ハワイの出国も時間がかかるので、早目に空港に行くようにしています。

いよいよハワイ滞在も最終日。荷造りは前日の夜に済ませ、チャーリーズタクシーも電話で予約しました。チャーリーズタクシーはネットで予約できますが、前日の場合は電話での予約になります。ここは、日本語専用予約番号があるので、英語が話せない小金虫も安心して電話できます。

荷造りしようと思ったときに気づいたんですが、リモアのスーツケース、壊れていました。ショック!急遽、アイランダーのシャワー水漏れ対策に持ってきていた幅広の養生テープで応急処置をしました。

1.ANAラウンジ

前回5月にハワイから帰る時は、フライングホヌ就航1週間前ということで、ANAラウンジはまだオープンしていませんでした。今回初めての利用になります。

チェックインを済ませると、ラウンジの案内の紙をもらいました。ANAのHPやブログやYouTubeで紹介されているので予習済ですが、ワクワクします。

制限エリア内に入ると、ラウンジまではシャトルバスで移動します。

場所の案内の紙の裏が時刻表になっていて、15分に1本の運行になっています。歩くと15分ぐらいかかると書いてあります。シャトルバスはラウンジ利用者専用なので、通常エコノミークラス利用だと、歩いていくんですね、15分も。ちょっと遠い。

写真では、乗用車のように見えますが、中はバスの座席でした。

入り口は、ANAラウンジ、ANAスィートラウンジ共通です。受付カウンターの左がANAラウンジ、右がANAスィートラウンジになっています。

ANAラウンジに入ると、窓が半円状に並び、空港の外の様子がよく見えます。座席は、成田と同じように一人掛けのソファー席の他、家族でテーブルが囲めるファミレスタイプの長ソファ、ダイニングテーブル、一人掛け椅子の席になっています。テーブルを寄せれば、2、4,6人と一緒に食事ができます。お子さんのいる家族にはいいですね。

窓際に行くと、正面にフライングホヌが駐機しています。このラウンジから直接飛行機に乗れるというANAのラウンジ紹介を読んで楽しみにしていました。(これは、小金虫が搭乗する飛行機の1時間前に出発する便でした)

目の前に大きなフライングホヌが見えるので、写真を撮る方が大勢いました。この水色の「ラニ(Lani)」は、ぬいぐるみになっている機種です。運行開始直後は、売り切れ続出だったそうです。

小金虫は、どうしてもこのラニのぬいぐるみが欲しかったので、行きの便で購入しました。

お料理は壁際に並んでいます。

お酒はバーカウンターでバーテンさんに言って出してもらいます。コーラなどソフトドリンクは冷蔵庫に入っていてセルフサービスになっています。

オットはビール、小金虫はスパークリングワイン(ロゼ)をいただきました。

朝食を食べた後なので、カレーに近くにあったハワイアンバーベキューチキンとブロッコリーをのせてきました。成田のカレーよりサラサラしていて美味しかったです。

こちらはキッズスペース。こちらにも低い椅子とテーブルが並んでいます。小さいお子さんのいるご家族でこちらで食事をしている方もいました。

 

2.フライングホヌエコノミーの座席

ラウンジに入ると正面に水色の「ラニ(Lani)」が見えました。しかし、小金虫が搭乗するのはエメラルドグリーンの「カイ(Kai)」でした。そのため、直接ラウンジから搭乗するのではなく、一旦ラウンジから出て、エスカレーターで下の階に下り、C9まで行って搭乗しました。

航空券の購入が間際だったため、並び席の指定できる所が少なく、前から2番目の席(階段横)が空いていたので指定しました。窓側の席は2000円追加料金でした。

座席はシートピッチが34インチ(約86センチ)で、足元にリュックも置けました。

モニターもエコノミークラス最大級という案内通り、大きくて見やすかったです。タッチパネルなので、コントローラーで操作しなくても利用できました。

エコノミーでもスリッパがつきました。行きのプレエコのスリッパより、ペラペラな感じですが無いよりずっといいです。

エコノミーの座席ですが、随所に工夫がされていて、居住性が向上していると思いました。

3.フライングホヌエコノミーの機内食

小金虫はBの「サーモンのソテー ガーリックピラフ」を選びました。

前菜は、マカロニサラダ、スパムハム、チェリートマト、ブラックオリーブ、グリーンリーフ、イタリアンパセリ

小鉢は、ヒジキ煮、厚焼き玉子、枝豆

サラダは、サラダミックス、人参のジュリアンヌ、ドレッシング

その他のうどん、麺つゆ、海苔、山葵(ワサビ)、パン、バター、お水、マンゴーシャーベットがつきました。飲み物は帰りはアルコールを控えるので、お茶です。

オットは、Aの「牛肉のすき焼き」を選びました。Bとの違いはこちらにはパンがつかないことです。

2回目の食事は、「照り焼きチキンのクロワッサンサンド」でした。フルーツとチョコレートが一緒に入っていました。

飲み物の提供は、食事の配布前、食事の時、食後、そして2回目の食事の時と回ってくれました。また、最後にお菓子のかごを持って回って、好きなものを選ぶことができました。以前よりサービスが良くなったように思いました。

4.まとめ

・ハワイのANAラウンジは、窓からの眺めがよく、フライングホヌが間近で見ることができます。広さが十分あるので、ゆっくり過ごすことができます。お料理も美味しかったです。エコノミークラスの利用でも、SFCを持っていればラウンジが利用できるので、空港での待ち時間が苦になりません。

・フライングホヌのエコノミー席は、座り心地もよく、窮屈感をあまり感じませんでした。しかし、さすがに前の座席の方が背もたれを倒してくると圧迫感はありました。

・エコノミークラスの機内食は美味しかったです。メニューはANAのHPから確認できます。また、アレルギーや宗教などに配慮した機内食もリクエストできます。ただ、ホノルル便は有料機内食がないので、このサービスの提供が始まることを期待しています。

小金虫
初めてのフライングホヌでのハワイ旅行。行きも帰りも大満足でした。写真を撮りまくっていたら、ご夫婦でお写真撮りましょうかと声を掛けられたけど、初めて飛行機乗った人だと思われたのかしら・・・

 - 海外旅行 , , ,