小金虫の暮らしとお金

ポイントやマイルを貯めて現金を使わず楽しく暮らすブログです。

*

1人でも家族でも楽しめるイーアス沖縄豊崎 DMMかりゆし水族館

      2020/07/26

こんにちは、小金虫です。今年の夏旅行は決まりましたか?

夏には国際線の運航が通常に戻るのではないかと期待していたのですが、まだ当分は無理そうですね。ということで今年に夏は国内旅行。小金虫も友達との旅行は沖縄にしようと相談中です。

沖縄は見どころがたくさんあって、何回も訪問したくなりますよね。また、新しい施設も続々オープンしています。今回は5月にオープンしたDMMかりゆし水族館を紹介します。

1.イーアス沖縄豊崎(DMMかりゆし水族館はここに併設されています)

イーアス沖縄豊崎は、那覇空港からバスで約20分のところにある新しいショッピングセンターです。この場所は、沖縄最大の人口ビーチ美らSUNビーチの隣接しています。

「イーアス」は大和ハウス工業が手掛けるブランドで、茨城県つくば市のイーアスつくばや東京都八王子市にイーアス高尾があります。特徴としてはたくさんのテナントと映画館やクリ二ックなどショッピングに限らず様々な機能を併せ持つハイブリッドモールということです。

ここイーアス沖縄豊崎も「DMMかりゆし水族館」が5月25日に先行開業し、6月になってOPENしました。2022年3月に「SMALL WORLDS 」がOPENする予定です。家族でも、カップルでも、友達同士でも、もちろん1人旅でも楽しめる場所です。いつもオットと旅行するのですが、今回は1人。YouTubeの動画も全部1人で撮影してきました。(編集も動画部分は1人でしましたよ)沖縄の人だけでなく観光で来た人も楽しめる施設です。

観光客に嬉しいのは、沖縄の有名店がテナントで入っていること。「A&W」「舗氾濫バーガー チムフガス」「タコライスcafe きじむなぁ」などガイドブックに紹介されるようなお店が入っています。あちこち移動しないで食べられるなんてすごくないですか?勿論他にもたくさんのお店があり、カフェで一休みもよし、レストランでガッツリ食事をするもよし、フードコートでちょい飲みするもよしです。

2.DMMかりゆし水族館

最新の映像表現と空間演出を駆使したエンターテイメント水族館」ということで、館内にはいろいろな仕掛けがあります。

・アプリ

スマホにアプリをいれておくと、フロアマップをみるだけでなく、館内のタッチポイントでスマホをかざすと、生き物の名前や説明と見ることができます。「生き物を集める」というちょっとしたゲーム性もあり楽しめます。

・実物と映像の融合

入場すると、最初にこの水族館のコンセプトを案内する映像を見ます。(これを見ないと展示場所に入れません)この時も、風が吹いたりする仕掛けがあり、映像の世界に引き込まれました。期待が高まりますよ。

そして館内には実物の展示と映像を組み合わせた展示があり、建物の中にいることを忘れる瞬間があります。

ここは、手前は実物の水槽で魚も泳いでいます。岩の向こう側は映像で波が動いています。一体化してるのでどこまでが本物かよく見ないと分かりません。

・見せ方の工夫

沖縄の海を表す大きな水槽は、2階フロアからも見ることができます。この時、水槽の上の部分がガラス(実際には分厚いアクリル板)になっていて、その上を歩くことができます。海の底が見えるようで、一瞬そのまま落ちてしまうような錯覚におそわれます。

そして1階に降りると水槽のトンネルをくぐります。海中を歩いているような気分です。そしてこの水槽は両側から見ることができます。

もう一つの大水槽には、大型の魚が悠遊と泳ぐ姿を見ることができます。そして、その反対側にはバーチャル水槽があります。ここではバーチャルでしか見られない魚たちが出てきます。

この他にクラゲのコーナーや実際に魚に触れられる水槽もあります。

3.DMMかりゆし水族館の基本情報

・那覇空港からの行き方

到着ロビーから外に出るとバス停が並んでいます。4番バス停から乗ります。ICカードは沖縄の「OKICA」しか使えないので、整理券を取って乗車し、降りる時に支払います。

バスは、アウトレットモール「あしびなー」を経由して、イーアス沖縄豊崎が終点となります。

・入場料

大人(18才以上) 2,400円
中人(13才~17才) 2,000円
小人(4才~12才) 1,500円

チケットは、WEBでも購入できます。当日は窓口か券売機で購入します。支払いには現金の他、クレジットカードや交通系ICカードも使えます。

4.Koganemushi’s eye

・まだ開業したばかりのイーアス沖縄豊崎なので、今後テナントや施設が増えていくことで、さらに注目度が増。していくことと思います。テナント数が多いので、1回では回り切れません。お土産探しの新しいエリアになりそうですね。

・イーアス沖縄豊崎の目の前に広がる美らSUNビーチ近くには「インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート」が2023年に開業を予定しています。今後インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾートに宿泊して、美らSUNビーチで海を楽しみ、イーアス沖縄豊崎で買い物た食事を楽しむ観光スタイルが沖縄旅行の選択肢の一つとして注目です。

・DMMかりゆし水族館の様子はYouTubeにUPしていますので、こちらもご覧ください。チャンネル登録もお願いします

 

 - 車中泊・国内旅行 , , ,