小金虫の暮らしとお金

ポイントやマイルを貯めて現金を使わず楽しく暮らすブログです。

新幹線 子供連れ専用車両 各JRが販売 年末年始の帰省や旅行に安心して出かけられる

   

小金虫
こんにちは。駅で赤ちゃん連れのご家族を見かけると、子育てしていた頃のことを思い出します。

12月に入り、いろいろ慌ただしくなって来ました。年末年始は、旅行や帰省でお子さんを連れて新幹線や電車に乗る機会も増えますね。しかし、長時間の移動に小さいお子さんを連れて行くには、いろいろと気苦労もあります。そういうご家族に向けたサービスがあります。サービスとしてはまだまだ規模が小さいですが、今後利用客が伸びれば利用できる本数も増えていくのではないでしょうか。

1.JR東日本 「ゆったりグリーン車で新幹線帰省デビュー」

JR東日本HPより

乳幼児(未就学児)のお子様連れ限定の旅行商品です。

おとな・こども(小学生)1名につき、グリーン車は1名の料金で2席、普通車指定席は1名の料金で2席もしくは2名の料金で3席も利用。

おとな・こども(小学生)1名につきニューデイズ・キオスクで使える500円分の利用券が1枚ついてきます。

「JR東日本国内ツアー」サイト、びゅう予約センターで申し込み

スケジュール

2019年12月25日(水)・26日(木)・27日(金)
「やまびこ43号」東京8:48発→上野8:54→大宮9:14→仙台10:47着→一ノ関11:23→盛岡12:07
「やまびこ131号」東京9:24発→大宮9:48→仙台11:14着(グリーン車は設定なし。普通車指定席のみ設定あり)

2020年1月6日(月)・7日(火)・8日(水)
「やまびこ50号」盛岡14:07発→一ノ関14:50→仙台15:24→大宮16:58着→上野17:18→東京17:24
「やまびこ52号」盛岡15:07発→一ノ関15:50→仙台16:24→大宮17:58着→上野18:18→東京18:24

グリーン車コース料金

おとな・こども(小学生)とも、1名につきグリーン車を2席利用

  • 東京~仙台 おとな13,800円 こども9,100円
  • 東京~一ノ関 おとな15,400円 こども9,900円
  • 東京~盛岡 おとな16,800円 こども10,600円

上野駅発着は同額、大宮駅発着はおとな400円引き・こども200円引き

普通車指定席コース料金

おとな・こども(小学生)とも、1名につき2席利用もしくは2名につき3席利用

  • 東京~仙台 おとな11,500円 こども6,000円
  • 東京~一ノ関 おとな13,100円 こども6,800円
  • 東京~盛岡 おとな14,500円 こども7,500円

上記は1名料金で2人掛けを利用する場合の料金。2名料金で3人掛けを利用する場合はおとな1,000円引き・こども500円引き。

上野駅発着は東京駅発着と同額、大宮駅発着は東京駅発着からおとな400円引き・こども200円引き。

やまびこは、2列―3列の座席配置になっています。

パパ、ママ、赤ちゃんの場合、大人2人分の料金で4席使えます。ボックス席にすれば、向き合いで家族だけで座れます。また、3人掛け1列を利用なら大人料金から2000円引きになります。

パパ、ママ、小学生、赤ちゃんの場合、大人2人分と子供1人分の料金で6席利用できるので、3人掛けをボックス席にして使うことができます。これなら、赤ちゃんや小学生が眠ってしまっても、ゆっくり横になれます。

2.JR東海「ファミリー車輛で行こう」

JR東海ツアーズHPより

スケジュール

2019年12月19日(木)~2020年1月6日(月)の毎日と12月7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)と1月11日(土)~13日(月祝)

上下各1~4本の東海道新幹線「のぞみ」(東京~新大阪)に設定されます。(12月19日は下りのみ設定)

設定区間は東京・品川・新横浜⇔名古屋・京都・新大阪と、名古屋⇔京都・新大阪です。片道から利用可能。

おとな1名+小学生以下のこども1名以上の合わせて2名以上から申し込み。

申し込みはJR東海ツアーズにて。出発日の4日前まで申し込みが可能。

周りはみなさんお子さんのいるファミリーなので、赤ちゃんが泣いたりしても、気兼ねせず家族旅行を楽しめます。

プラス1席サービスがついています。有料人数が2名なら3列席、3名なら2列席を連番で4席、ボックス席にして利用できます。ベビーカーなどの大きな荷物があっても安心です。

特典

・ワンドリンク引換券が有料人数分付き。

・車内でファミリー車両乗車記念パネルといっしょに記念撮影。(はながっぱデザイン)

・「プラレールセット」などが抽選で50名に当たる。

たとえば東京・品川~新大阪なら、おとな(12歳以上)13,800~14,700円、こども(6歳以上12歳未満)・幼児(1歳以上6歳未満)6,200~6,700円、乳児(1歳未満)0円です。

1~6歳の幼児にも座席が用意されるので有料になります。1歳未満の乳児は無料です。

東京・品川・新横浜⇔名古屋・京都・新大阪、名古屋⇔京都・新大阪に設定があります。

3.JR九州「あそぼーい」

あそぼーいは、阿蘇と別府を結ぶ観光列車です。パノラマ車輛や遊ぶスペースなどがあり、家族で楽しめる列車です。

あそぼーい

JR九州HPより

スケジュール

料金

大人片道3,880円(乗車券2,130円、特急券1,750円) 子ども1,930円(乗車券1,060円、特急券870円)

※白いくろちゃんシート、パノラマシートは指定席料金に+210円。白いくろちゃんシートは大人1名の指定席料金で大人1名・幼児1名利用可

くろちゃんグッツの販売もあります。

4.まと

・新幹線での赤ちゃんや小さい子を連れての移動は、荷物も多く大変です。しかし、周りが同じようなファミリーなら気兼ねなく旅行が楽しめると思います。ボックス席にすれば、家族だけの空間になり、長い移動時間でも疲れが半減するのではないでしょうか。

・JRでの子供連れに優しいサービスは、まだまだ限定的です。車輛一つをファミリー向けにするのは、期間も時間も限定されます。せめて、どの新幹線でも大人2名プラス子供で4席のボックス席が確保できるようなサービスがあれば、利用しやすくなると思います。

・JR九州の「あそぼーい」は車輛全部が、名前通り遊ぶことをコンセプトにしている楽しい列車です。子供はとうに大人になっている小金虫ですが、九州旅行ではぜひプランに入れたいと思いました。大人でも子供の心が取り戻せるような気がします。

小金虫
大人の休日俱楽部に入会してから、列車の旅行にも興味が湧き、観光列車をいろいろ調べています。

 

 - お得生活 , , , , , , , ,