小金虫の暮らしとお金

ポイントやマイルを貯めて現金を使わず楽しく暮らすブログです。

*

大人の休日俱楽部パス特別販売で春を満喫 3日目 富山

   

こんにちは、小金虫です。

4月の大人の休日俱楽部パス特別販売で春満喫プランを計画。お得に楽しい旅を楽しんできました。

大人の休日俱楽部は、50才以上の人に旅を楽しんでもらおうとJR東日本が提供しているサービスです。毎年3回大人の休日俱楽部パスの販売があります。パスの種類は乗り放題エリアごとに、JR東日本エリア、JR北海道エリア、JR東日本・北海道エリアの3種類となっています。今回は通常の販売ではなく、WEB限定の特別販売のおと休パスです。

1.大人の休日俱楽部パス特別販売

・販売期間

JR東日本エリア  2022年3月11日(金)~4月16日(土)

JR東日本・北海道エリア 2022年3月11日(金)~4月15日(金)

・利用期間 2022年4月11日(月)~4月20日(水)

・値段

JR東日本エリア 15,270円

JR東日本・北海道エリア 26,620円

2.JR東日本エリア 春満喫4日間のプラン

1日目 茨城ひたち海浜公園のネモフィラ&水戸

2日目 山形霞城公園の桜&山寺

3日目 富山⇦今回はここ

※富山県砺波市のチューリップを見る予定でしたが、チューリップフェアの準備のため公園はお休みとなり、その上火曜日だったので富山県花総合センターもお休みで断念しました。

4日目 立山黒部アルペンルート

3.おと休パスを使って富山へ

おと休パスはJR東日本エリアが乗り放題となっていますが、北陸新幹線では上越妙高までです。上越妙高から富山まではJR西日本のエリアのため、別途料金を支払わなくてなりません。東京から富山までは自由席12,430円です。おと休パスは4日間で15,270円なので1日当たり約3,800円です。そこに上越妙高ー富山の料金4,620円を足すと8,400円。通常より約4,000円節約できます。

ただし、ここで注意点があります。北陸新幹線には「かがやき」と「はくたか」があります。「かがやき」は全席指定で上越妙高には停車しません。そのため別途追加する料金は長野ー富山となり、指定席料金も必要になります。料金は7,640円と3,000円も増えてしまします。所要時間は30分しか違いません。ここは節約旅。「はくたか」の自由席で向かいました。

4.ランチは「白えび亭」

「白えび亭」はJR「富山」駅隣接「きときと市場とやマルシェ」内にあります。富山で何を食べようか、ネットをチェックしてみるとよく出てくるのが「白えび亭」です。店名通り白えびをつかったお料理を提供しています。その中でも人気の「白えび刺身丼」(2,190円)と「白えび天丼」(1,290円)を注文しました。

白えびはさっぱりとした感じ。まあ、普通の味でした。白えびは傷みやすいため、水揚げしても、ほとんどはすぐに冷凍されてしまうそうです。そのため年間を通して安定して市場に供給されるとのこと。実はこの「白えび亭」東京駅にもあり、メニューによってお値段の違いがあるものの、ほぼ同じものが食べられます。

5.富岩運河環水公園

「富岩運河環水公園」は、とやま都市MIRAI計画のシンボルゾーンとして水辺空間の豊かさを大切にしながら整備される面積9.8haの親水文化公園です。富山駅から徒歩9分と行きやすい場所にあります。

園内のスターバックスは「世界一美しい」と言われています。

園内の桜は終わってしまっていましたが、桜の季節はかなり見応えがあると思います。運河を行き来する遊覧船もあります。

6.路面電車に乗って「TOYAMAキラリ」へ

富山市は路面電車が走っています。料金は均一で1回大人210円です。富山駅から路面電車の環状線に乗って、中町で降り「TOYAMAキラリ」に向かいました。(南富山駅行きなら西町が最寄り駅)「TOYAMAキラリ」は、市立図書館本館と富山市ガラス美術館、富山第一銀行本店などがある複合施設で、建築家隈研吾さんの作品です。富山市ガラス美術館には入館料が必要ですが、それ以外の場所は自由に入ることができます。富山市ガラス美術館の作品も、外からも見ることができるものもあり、十分楽しめます。

7.夕食はやっぱりお寿司「とやま鮨」

富山湾でとれた新鮮なお魚を食べるならお寿司。ホテルから近い「とやま鮨」へ行きました。回転ずしだと思って言ったら普通のカウンターで、注文は紙にかいて手渡しでした。メニューには季節のオススメなどが書いてあり、普段食べないようなものを注文しました。中でも1貫980円ののど黒の炙りは絶品でした。

8.富山エクセルホテル東急

次の日の出発は早いので駅前のホテルを選びました。「富山エクセルホテル東急」は駅歩3分です。こちらには「16:00チェックイン朝食付き」のプランがあり、スーペリアツイン23㎡で値段は 12,392円でした。ここの朝食は2,100円なので、二人分の朝食代を引けば部屋代が約8,000円とかなりお得感がありました。観光で日中は出かけているので16:00チェックインは問題ありませんでした。

アメニティは部屋には歯ブラシだけでしたが、フロント前に化粧水やパック、髭剃りなどが用意されていて、必要に応じて部屋に持って行けるようになっていました。

初めての富山訪問。素敵な街でした。

 - 国内旅行, 未分類 , , , , ,