小金虫の暮らしとお金

ポイントやマイルを貯めて現金を使わず楽しく暮らすブログです。

*

どこでもドアきっぷ3,000㎞の旅 3日目 宮島・博多

      2021/02/09

こんにちは、小金虫です。

今回は、JR西日本、四国、九州が合同で販売しているどこでもドアきっぷの3日間乗り放題にホテル2泊がついた「JR西日本乗り放題きっぷで旅しよう! 3日間」(近畿日本ツーリスト)を利用して総移動3,000㎞の旅行をしてきました。

【日程】

1日目 東京→(飛行機)→大阪→(バス)→京都

2日目 京都→(特急)→金沢→(特急)→大阪→(新幹線)→岡山

3日目 岡山→(新幹線)→広島(宮島)→(新幹線)→博多

4日目 博多→(新幹線)→鹿児島→(飛行機)→東京

どこでもドアきっぷは3日間乗り放題なので、旅行1日目はJR西日本エリアに移動という意味合いが強いです。この切符を見つけた時、大阪までの移動を節約するため、ANAの特典航空券を利用しました。そしてできるだけ長距離を移動したいと思い、金沢から鹿児島のルートで旅行を組み立てました。3日目の旅の様子をご紹介します。

1.三井ガーデンホテル岡山の朝食

朝食はホテル1階にあるレストラン ガーデンカフェでいただきました。感染症対策のためチェックインの際に時間を予約し、メニューはセットメニューとなっていました。

飲み物はコーヒー、紅茶の他、ジュースや牛乳が用意されていました。本来は地産地消の食材を使ったブッフェスタイルだそうです。

和食セット

洋食セット

ホテルのHPには岡山ならではの桃太郎トマトを使った「桃太郎カレー」と「桃太郎ハヤシ」が日替わりで提供されたり、ままかりの酢漬けやきびだんごなどの郷土料理もあるそうです。

今回はそういった特徴的なものがなく、普通のセットメニューで残念でした。

2.岡山→宮島

金沢の次の観光として宮島をチョイスしました。山陽新幹線沿いだと岡山の倉敷、呉市の大和ミュージアムなどありますが、やはり宮島には1度訪れたいと思い決定しました。

岡山から宮島までは約1時間40分かかります。まず新幹線で広島まで行きます。そして広島で山陽本線で宮島口まで行き、船で宮島へ渡ります。

朝新幹線に乗る前にひかり531号の指定席を取りました。

広島駅でスーツケースを預けました。今回はJR岡山駅ねこのてステーションを利用しました。こちらは1日700円でした。営業時間は8-20時なので、営業時間内に引き取りをしなければなりません。市内のホテルに宿泊するなら、宿泊するホテルまで荷物を届けてくれるサービスもあるそうです。観光している間に荷物が届いて、観光地からホテルに直行できるのはいいですよね。

山陽本線で宮島口まで行きました。

宮島口からフェリーで宮島に渡ります。フJR宮島口で降りて、フェリー乗り場まで歩きます。だいたい5~6分ですね。フェリーは2つの会社が運行していて、その一つはJRなのでどこでもドアきっぷが利用できるので無料でした。

このフェリーは、行きと帰りでは航路が違っていて、行きは宮島のあの有名な大鳥居の近くを運行します。写真を撮りたい人はJRのフェリーがお勧めです。しかし、現在大鳥居は令和元年6月17日から大規模な保存修理工事が行われています。現在のところ終了時期は未定であと2、3年はかかる見込みだそうです。完成したらぜひ再訪したいと思ってます。

3.宮島 広島観光

フェリーを降りて、海の景色を見ながら厳島神社に向かいました。

途中たくさんのお土産屋さんがあり、もみじ饅頭も生とか揚げとか種類が多そうでした。しかしここでのんびりしていると時間がなくなるので、厳島神社に急ぎました。

厳島神社の拝観料は大人 300円、高校生 200円、中・小学生 100円となっています。

海の中に建てられているので、時間によって潮の満ち引きで印象が変わるそうです。そしてなんとあの大鳥居まで歩いて渡れる日があるそうです。

年間潮汐・潮見表で調べることができます。大鳥居の工事が終わったらぜひ歩いて行ってみたいです。

建物がたくさんあり、橋でつながっているイメージでした。どこから見ても景色が素晴らしかったです。

4.昼食ーあなごめし 和田

宮島ではあなごめしはたくさんのお店で提供しています。その中でも1番有名なのが「和田」です。通りから少し奥まったところにあるので見つけるのに時間がかかりました。

特にメニューはなく、「あなごめしお二つでよろしいでしょうか?」と聞かれるので、そのまま「はい」で注文終了です。オットはビールが飲みたかったのですが諦めました。周りのお客さんを見ていると瓶ビールはあるようでした。

箸置きがしゃもじの形をしていて、「あなごめし 和田」と書いてありました。

穴子は塩焼きでさっぱりとしたお味でした。煮穴子が大好きなのですが、これはこれでとても美味しかったです。

5.広島→博多

博多まで移動しなければならないので、新幹線に乗るために広島まで戻りました。ここでスィーツを食べる予定でしたが、感染症の影響で営業時間は変更になっていて、お目当てのお店が開いていませんでした。広島市内では路面電車が走っているので、ちょっとだけ乗ってみました。バスと同じにICカードが使えました。

ちょっと早めに博多に向かいました。博多は2019年の秋に来て、太宰府天満宮や大濠公園などを観光しました。今回は次の日の九州新幹線に乗るのと、鬼滅の刃ラッピング車両の写真をとるための滞在です。

6.夕食ーもつなべ 京風もつ処 越後屋

博多は美味しいものがいろいろあるので、何を食べようか迷いましたが(前回は水炊きをいただきました)ホテルの近くにもつ鍋で有名なお店があったのでそちらでいただきました。人気店なので予約なしで行ったら1時間後なら入れるということで、一旦ホテルに戻って出直しました。

前菜3種盛(450円)

博多といえば明太子(500円)

もつ鍋は、京風白みそ味、極撰しょうゆ味、旨辛みそ味がありました。(各1人前1500円)今回は旨辛みそ味を選びました。もつと揚げ豆腐を追加しました。

初めてのもつ鍋でしたが大変美味しくいただきました。〆にちゃんぽん麺(1人前250円)を追加しました。雑炊セットにもできます。

7.ホテルーキャナルシティ博多ワシントンホテル

「JR西日本乗り放題きっぷで旅しよう! 3日間」(近畿日本ツーリスト)の基本ホテルから3000円プラスして選びました。岡山のホテルと同じ感じのホテルでした。ただ、こちらはキャナルシティ博多というショッピングモールのすぐそばにあり、買い物や飲食には便利ですが、博多駅からはちょっと離れています。

モダンツインというお部屋でした。ツアーについているので選択の余地はありませんが、自分で予約するならツインにしますね。ツインだと値段は1,000円位UPで24.8㎡の広さの部屋になります。ツインモダンは19.1㎡なのでだいぶ広さが違います。まあ、寝るだけならそれほど窮屈さは感じません。

バスルームはトイレと一体型です。必要なアメニティは揃っています。

3日目も大急ぎの旅でしたが、とても充実した1日でした。あなごめしももつ鍋も美味しかったです。スィーツを食べ損ねましたが、旅には計画通りいかないこともありますから、次回のお楽しみにとっておきたいと思います。

 - 国内旅行 , , , , , , , , ,